作る

木パネルの作り方|道具を使えばきれいに作れる

木パネルの作り方|道具を使えばきれいに作れる

「自分が欲しいサイズのパネルがない。」

それなら自分で作ってみませんか。

お店に売っているようなパネルも、道具があればきれいにできます。

今日は木パネルの作り方について書いていこうと思います。

目次

1.材料・道具の準備

2.木パネルの作り方

3.おわりに

材料・道具の準備

材料・道具
  1. 木材
  2. 紙ヤスリ
  3. のこぎり
  4. 木工用ボンド
  5. マイタ―ボックス
  6. PPバンド用ストッパー
  7. PPバンド

写真にはありませんが、筆記用具(鉛筆・定規)も用意してください。

材料について補足します。

マイターボックス

マイターボックスは、木材を垂直(90度)や45度でカットするための道具です。
ネットで1000円くらいで買えました。
ホームセンター等でも買えると思います。

マイタ―ボックス

この写真のものは高さ2㎝、幅4㎝の木材がカットできます。

マイタ―ボックス カットサイズ

色々なサイズがあるので、自分の作りたいものに合わせてみてください。

PPバンドとPPバンド用ストッパー

よく梱包に使われるもので、ホームセンターで売ってます。

45度カットの木パネルの作り方

1.パネルの大きさを決める

パネルの大きさを決めたら木材に線をひきます。
実際のサイズより、板は1㎜、棒は2㎜くらい大きめにします。
切ってやすると短くなってしまうからです。

印付け

大きめの板を買うときはホームセンターでカットしてもらっています。
大体のお店で 板はカットしてもらえると思うので確認してみてください。

2.木材のカット

マイターボックスを使って、木材をカットしていきます。

板は自分で決めた大きさにカットします。

4辺の棒はマイターボックスを使います。

マイタ―ボックス

使い方は簡単です。
まず、机にマイターボックスのでっぱりを引っかけます。

マイタ―ボックス使い方

対角になるように のこぎりを溝に入れ、印をつけたところをカットします。

マイターボックス使い方

同様にして、4辺全ての両サイドをカットします。

木材カット後

3.ヤスリをかける

カットした部分はヤスリをかけて滑らかにしておきます。

やすりがけ

4.棒を貼り合わせる

棒を木工用ボンドで貼り合わせます。

木材貼り合わせ 四隅貼り合わせ

板と合わせてみます。
まだ板に貼り合わせないでください。
枠の大きさは、板に比べて少しだけ大きいくらいの方が良いです。

5.バンドをストッパーに装着

バンドを パネル外周より多めに切ります。

バンドの両端が外側になるように折ります。

バンド

ストッパーの穴の中にバンドの折った部分を入れます。

バンドとストッパー

バンドの折った部分にストッパーの反対側を入れて装着完了。

バンド装着

6.枠の四隅を締める

木工用ボンドが少し乾いたら、枠の四隅をバンドとストッパーで締めていきます。

すぐやると、締める力で棒が崩れるので注意。

パネルにバンドをかけます。

できるだけバンドの両端を引っ張って締めます。

パネルにバンドを装着 バンド締める

バンドがピンと張るまで締めます。

バンド張り具合

写真のように、角がでるくらいまで。

そのまま木工用ボンドが乾くまで置いておきます。

7.板を貼り合わせる

木工用ボンドが乾いたら、バンドを外して板に貼り合わせます。

板貼り合わせ

しっかりと押して、貼り付けます。

板貼り合わせ

上に重い本等をのせておくのも良いです。

完璧にボンドが乾いたら完成です。

【表】

木パネル表

【裏】

木パネル裏

今回は入れませんでしたが、大きいサイズの場合は間に棒を足すと強度が増します。

おわりに

パネルを作るのって意外と簡単なんですよ。

欲しいサイズがなければ一度おためしあれ~。

ではでは。