考える

実家においていた作品の整理をした

実家においていた作品の整理をした

実家の一部屋に作品がおいてある。

住んでいないくせに、スペースをとっていたのが申し訳ないなと思っていたのだけれど、「いつでもいいよ」という言葉に甘えていた。

気持ち的には整理したいなと思っているのに、いつもそのまま帰っていたのでもやもやして。

身体の一部をずっと別のところに置いているような気がしてむず痒かった。

 

実家に帰ったときに、重い腰を上げて やっと作品の整理をした。

好きなものと、まだ考えたいものは置いておいた。

作品だけでなくノートもダンボールいっぱいにあって、一応目を通したけれど…相変わらず のたうち回っていて笑った。

 

今回、物質的には整理できた。

精神的には まだ ふわふわしているけれど。

せっかくなので、奥底にあるものを引っ張り出せたらいいなと思う。

今考えられることは考えつくして、また置いておきたい。