作る

ほったらかしでできる 自家製 切干大根の作り方

切干大根

こんにちは、白です。

今回は切干大根の作り方をご紹介します。

切干大根を作ろうと思ったのは、冷蔵庫に入らないことが理由でした。

冬なら外に出しておいても平気ですが、夏だと明らかに傷んでしまう…。

だったら、いっそのこと干してしまおうと。

切って干すだけなので、すぼら~な私にも簡単にできました。

切干大根を使った煮物の作り方もご紹介するのでどうぞ~。

目次

1.自家製 切干大根の作り方

2.切干大根の煮物の作り方

3.おわりに

自家製 切干大根の作り方

今回は1本丸ごと使って切干大根を作ります。

1.洗う

まず、大根を水でよく洗ってふいておきます。

大根

2.切る

皮付きのまま5mmくらいの輪切りにし、重ねて5㎜程度の細切りにします。

皮付きのままで使うことで、歯ごたえが増しおいしく食べられます。

大根 輪切り 大根 細切り 大根 細切り

3.干す

あまり干し場所がなく、縦にスペースが取れて便利なので干し網を使っています。
(ホームセンターなどに売られています。)

干し網

ざるでもOK。なるべく平たいものを選ぶとまんべんなく干せて良いです。
窓際などの風通しの良い所で干し、夜は室内に入れましょう。

あとは、ほったらかしでOK~。

1日経っただけでこんなに縮みます。

切干大根

2日後。暑いのでかなり早いです。今までで一番早くできました。

切干大根 完成

大体暑い時期だと3日くらい。寒い時期は1週間から10日くらいかかります。
天気が悪いときや風がないときは扇風機を使うことも。

常温でも保存できますが、冷蔵庫での保存をおすすめします。
密閉してタッパーやジップロック等に入れてください。
大体3週間から1ヶ月くらい持ちます。

切干大根の煮物の作り方

切干大根を使った煮物の作り方をご紹介します。
市販のものより歯ごたえがあり美味しくて、ついつい箸が伸びてしまいます。

材料について(4~5人分)

  • 切干大根 1本分
  • にんじん1本
  • ちくわ 1袋(5本くらい)
  • しいたけ 4本(今回は干したものをつかっていますが生でもOK)
  • 酒 大さじ2
  • 砂糖 子さじ1
  • みりん 大さじ1
  • しょうゆ 大さじ4
  • 油 少々
  • 1.切干大根を水に戻す

    切干大根を軽く洗って、10分くらい水に浸けて戻します。
    ここで浸した水は後で使うので捨てずにとっておいてください。

    切干大根 水で戻す

    2.材料を切る

    にんじんを細切りに、竹輪を輪切りにします。

    にんじん ちくわ

    しいたけは薄切りにします。
    今回干していたものを使っています。
    切ったものを大根のときと同様に干すだけなので簡単。
    干すとしっかりとした食感になります。

    干ししいたけ

    3.材料を炒める

    切干大根はよく水気を切ってから、鍋に油をしき炒めます。

    次に、にんじん・ちくわ・干ししいたけを入れ炒めます。

    材料 炒める

    4.煮る

    全体的に火が通ったら、1で残しておいた水を材料が浸かるくらい入れて煮ます。

    材料 煮る

    沸騰したら、落し蓋をして弱火~中火にします。

    煮物 沸騰

    煮汁が半分くらいになったら火を止め、味をしみ込ませます。

    食べる前に軽く温めて、いただきます。

    切干大根 煮物 完成

    おわりに

    切干大根の煮物はよく作っていたのですが、自家製にしてもっと好きになりました。

    自家製にすると、

    • 市販のものより歯ごたえが良く味もおいしい
    • 長く保存がきく
    • 皮つきのままできるのでゴミも減る

    と、いいことずくめ。

    簡単にできるので、ぜひどうぞ~。

    今回はこの辺で。ではでは。