作る

切り絵の作り方 | 地道な作業が好きな人におすすめ

切り絵の作り方

こんにちは、白です。

今回は自分の好きな絵柄を使って、切り絵を作ります。

地道な作業が好きな人におすすめ。

さっそく、作っていきましょう~。

目次

1.材料・道具の準備

2.切り絵の作り方

3.おわりに

材料・道具の準備

切り絵 材料 道具
  1. 好きな絵柄の図案
  2. カッターマット
  3. トレーシングペーパー
  4. マスキングテープ
  5. ねりけし
  6. マジック
  7. カッター
  8. デザインカッター・替え刃
  9. 鉛筆
  10. ボールペン

文房具店、画材屋等でそろえられます。

材料や道具について補足します~。

好きな絵柄の図案

お好きな絵柄の図案を用意します。

床 写真

家の床の写真です。

ごろついてるときに「床の柄のうねり感って面白いぞ」と思ったので、選びました。
あと、木目が切り替わっているところがあるのですが、そこを自分で足そうと思ってます。

普通の色画用紙がおすすめ。安定して切りやすいです。
薄いコピー用紙だとよれるし、厚すぎる紙だと細かいところが切りにくいです。

トレーシングペーパー

半透明の薄めの紙です。
図案を透かして写すのに使います。

切る部分だけ写して、いらないところは写さない。
自分が切る部分だけをわかりやすくするために使います。

トレーシングペーパー

複数の柄を1つの図案にまとめることもできます。
色々組み合わせても楽しいかと。

写真のものはロール状ですが、A4、A3サイズ等のものもあります。

デザインカッター・替え刃

なければ普通のカッターのみでかまいません。

デザインカッターは鉛筆と同じように持てるので使いやすいです。
細かいところも作業しやすいのでおすすめ。

デザインカッター

デザインカッターの刃は普通のカッターと違います。

デザインカッター

持ち手の部分を時計まわりに回すとしまり、反時計まわりに回すとゆるみます。
刃を取り出し1枚づつ替えます。

私のつかっているものはこれです。

普通のカッターより切れ味良いです。
ちょっと重めですが、私は力を結構入れて切るタイプなのでこれくらいがいい感じです。

鉛筆

トレーシングペーパーで転写するときに使います。4B~6Bくらいが塗るのが楽。

ボールペン

トレーシングペーパーで転写するときに使います。
マジックと違う色のものだと線を引いたところがわかりやすいです。

切り絵の作り方

1.トレーシングペーパーのカット

トレーシングペーパーをカットして、図案をマスキングテープでとめます。

トレーシングペーパー 固定

2.トレーシングペーパーに写す

マジックでトレーシングペーパーに写していきます。

トレーシングペーパー 写す

写したところ。
木目の切り替わりがあるところを自分で足しました。

トレーシングペーパー 写す

黒の部分を切る、白の部分を残すように切ることにします。

3.台紙に写す

マジックで写した側の上から、鉛筆でガーッと塗ります。

トレーシングペーパー 鉛筆で塗る

こんな感じに。切る部分だけ塗れていればよいです。

トレーシングペーパーの鉛筆で塗った側と紙の裏側を合わせます。
これで、仕上がりが図案と同じになります。

鉛筆の線も紙の裏側になるのできれいに仕上がります。

トレーシングペーパー 紙 配置

トレーシングペーパーと紙を合わせたところ。線が見えていればOK。

トレーシングペーパー 紙 配置

ボールペンで写していきます。
マジックの線のまわりをたどります。
塗りつぶすと余分な鉛筆の粉が付きやすいので、線のまわりをたどっていく方が良いです。

ボールペンでなぞる

ボールペンで写したところ。

ボールペンでなぞる

紙に写せました。

紙に転写

ねりけしを棒状にして軽く転がして、紙についた余分な鉛筆の粉を落とします。

ねりけしで消す

4.紙を切っていく

紙を切って行きます。

基本的に、

  • 細かいところ→広いところ
  • 内側から→外側

に切った方が楽です。

いきなり広いところを切ると、紙が弱くなります。
外側から切って内側を切ると、切ったところが手に当たってやりにくいです。

ただ、絵柄にもよります。

今回は、切る線が全部同じ感じだし、内側からっていうのもあまり関係ないなあってことで、一方向から順に切っていきました。

紙を切る

切り方のコツは、いつも右下に切っていくようにすることです。
左利きの方は左下に向かって切ってください。

紙を切る

線の頂点まで行ったら紙を回してまた右下(左下)へ向かって切ります。

紙を切る

紙を切る時は、

  • 常に右下(左下)に向かって切る
  • 紙を回しながら切る

を意識しながら切るとキレイに切れます。

5.完成

完成です。途中から木目というよりは渦巻き好きだな~って感じになってました。

切り絵

こちらの向きの方がいいなと思ったので替えてみました。

裏にレモンイエローの紙を当てています。

切り絵

先日作った夏休みのしおりの裏に貼りました。

前から見ると、なんだか川の流れのように見えます。

切り絵 透かしたところ

別の紙に貼り付けるときはスティックのりで、広い面を中心に貼ります。あとは、ポイントで何ヶ所か。
あまり付け過ぎると、切ったところからのりがはみ出て汚くなってしまいます。

おわりに

どうでしたか~。

このやり方だと、好きに柄を足したり、引いたりできるので自由にできます。

個人的になぞり書きするのも好きなので、写すの好きな方は楽しいかと。

切り絵って図案と出来上がったもので見え方が変わってくるので奥深いです。

あなたの好きな絵柄でおためしください。

ではでは。