作る

【後編】アナログ塗り絵の作り方 絵の具で塗る編

塗り絵の作り方 絵の具で塗る

こんにちは、白です。

今日は、前回作った塗り絵を絵の具2色だけで塗っていきます。

【前編】は下の記事からどうぞ。
【前編】アナログ塗り絵の作り方 線画編

目次

1.材料・道具の準備

2.塗り絵を絵の具で塗ってみる

3.おわりに

材料・道具の準備

材料 道具 準備
  1. 塗り絵
  2. 図案(好きな絵や画像を印刷したもの カラーと白黒の2枚)
  3. パレット(段ボール)
  4. 絵の具
  5. 水入れ

材料・道具について補足します。

塗り絵

線書きしたものを用意。

図案(好きな絵や画像を印刷したもの カラーと白黒の2枚)

線書きしたときに使ったもの。
白黒の方に書いた線書きの紙をそのまま使います。
でも、元の画像の方が見やすいところもあるので両方用意しています。

パレット(段ボール)

ダンボールをパレットにしてます。

ダンボール パレット

紙パレットがなくなって、ダンボールを使ったら意外といけるなーと思ったので使ってます。
色を混ぜるときは普通の紙に塗って見てます。

絵の具

アクリル絵の具です。
今回は2色だけで塗っていきます。

筆・水入れ

普段使いのものでOK。
あれば筆は細めが良いです。結構細かい所が出てくるので。

塗り絵を絵の具で塗ってみる

塗り分け準備

図案に線書きで書いたものが残っているかと思います。
明るい色から順に番号をつけていきます。今回は7番までつけました。

塗り分け

厳密にやりすぎるとどんどん色が増えるので増やし過ぎない方が楽。笑
でも、色数が多い方がなめらかになります。

1番目の色

図案に付けた 明るい色の番号-1番 から順に塗っていきます。

パレットで色を作り、試しに紙で塗って確認。
明るい色に暗い色を混ぜて作る方が作りやすいです。

絵の具

1番からベタ塗りしていきます。

線の内側をたどってから、中身を塗るとキレイに塗れます。

絵の具で塗る

1番目の色 完成。

塗り絵 1色目

1番目ができたら写真撮ろうと思ってたのに忘れてたので2番目が若干入ってます。

2番目の色

少しだけ濃くしました。

塗り絵 2色目

2番目塗った後に、画面の真ん中の色がどうしても気になったので1.5番目作りました。
アクリルは塗ったあとに直しが利くのがいいなぁ。

3番目の色

また、先の4番目の色が入っちゃってます。

塗り絵 3色目

4番目の色

だいぶ濃くなってきました。

塗り絵 4色目

5番目の色

顔にちょこちょこラインいれてみました。

塗り絵 5色目

また、次の色が入ってますが気にしないで下さい…。

6番目の色

図案は左下がほぼ1色でしたが、筆跡残しながら塗ってみました。
色は明るいですが、この感じが好きなので、ここでストップ。

塗り絵 6色目

全体はこんな感じ。

塗り絵 6色目

後は右側の1番濃い色だけ。

7番目の色 完成

完成しました~。

ほぼ魚が細かいだけで、あとは楽。笑
絵の具らしさも入れられました~。

おわりに

絵の具を2色を使って番号通りに塗っていくだけでいい感じに~。

直しも利くし、絵の具って意外とやりやすいですよ。

ではでは。